So-net無料ブログ作成

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根

遅ればせながら ”木祖のプリンス” 前回の木曽駒に続き、甲斐駒報告です。ただ難を言えば記事が少し古いので、今後は・・・・(管理人のボヤキ)



9月11~12日、友人と3人で甲斐駒ケ岳・黒戸尾根を往復しました。



このコースは、日本三大急登の一つと言われているように、連続してハシゴが続いたり、岩場の急登があったりのコースでしたが、1泊2日の行程でゆっくり登ったためか、2日目が好天であったためか、予想ほどではありませんでした。(かつて、会で2000年7月に登ったコースです。)

また、信仰の山であったので、行路には数多くの石碑が見られました。



1日目は、竹宇駒ケ岳神社から七丈小屋まで。



 まず、竹宇駒ケ岳神社に登山の無事をお願いし、吊橋を渡る。

ここから急なジグザグ道を登る。樹林帯の中であるが、踏み込まれた平滑な道で歩きにくくはない。



2時間ほどで笹平。さらに1時間半ほどで刃渡り。ここを無事通過すると刀利天狗を経て五合目の鞍部。

ここにはかつて五合目小屋があった所で、五丈岩に古屋翁の顕彰碑が嵌め込まれている。



刃渡り

MyPhoto201410142255-1.jpg

 

五合目五丈岩に嵌め込まれた古屋翁の顕彰碑

MyPhoto201410142256-1.jpg

 

五合目の鞍部からのハシゴ

MyPhoto201410142257-1.jpg

 

五合目の鞍部からは即ハシゴの連続。気を抜く暇もなく、ひたすら登る。



出発から約5時間かかって、七丈小屋に到着。到着と同時に雷雨となり、小屋の中で一杯やりながらくつろぐ。



2日目は、七丈小屋から山頂を往復し、登山口まで。



 夜半には雨も上がり、月や星がきれいに見える。未明の中、ヘッドランプを点け山頂へ。



八合目の御来迎場で日の出を迎える。(ここの鳥居は壊れていた。)



薄明の鳳凰三山と富士山 

MyPhoto201410142258-1 .JPG

甲斐駒山頂にて

MyPhoto201410142259-1.jpg

 

2時間弱で山頂に達し、360度の展望を楽しむ。



(21年前に登った時に新調状態であった山名表示板は、てっぺんが欠けて色褪せ、標高も1m増えていました。)



 甲斐駒山頂より仙丈岳

MyPhoto201410142260-1.jpg

 

盛夏の間、雨にたたられ山に行けなかった日が続いてきましたが、今回、久しぶりに満足



した山行を楽しむことができました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。