So-net無料ブログ作成

身近な修験者の道

我がKFC会長 ”駒名主” さんによる またまた馬・・・・・



 経ヶ岳や修験道については『駒ヶ岳とウマの百科』で幾つか紹介している。



それは、 



経ヶ岳;変化の駒ヶ岳の経ヶ岳(福井県、元駒ヶ岳)、宮澤賢治と駒ヶ岳



修験道;越生駒ヶ岳、金山駒ヶ岳 などである。



 ところが、私の居住する横浜に近くにも修験者の道があった。それは今も残る丹沢山地の東、仏果山(747m)から経ヶ岳(633m)の約7

㎞の縦走路であり、往昔修験者が踏破した細い道が残っていて今日の登山者、ハイカーもこの道を利用している。

里山 004-1.jpg

経ヶ岳の直下にある経石

4m大の岩)

には弘法大師・空海が経文を納めたと伝えられている。

里山 005-1.jpg

 

 仏果山の山麓八官神社を出発した山岳修験者は、経ヶ岳、大山三峰山(935m)を経由して別名雨降山の大山(1252m)に向かったのではないか。明治初期の神仏分離令でこの地の修験道も衰退した。



 1117日、撚糸組合前から仏果山、経ヶ岳を経て半蔵坊前まで約7㎞を5時間で歩いた。当日出会った鳩、烏を除く生き物は男性の高齢者4人(単独2名と2名のグループ)と猿2

匹であった。

里山 003-1.jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。